マヌカハニーの活性強度とは何か?【マヌカハニーを徹底比較してみました】

マヌカハニーの活性強度とは何か?

全部同じじゃない?マヌカハニーには種類があります!

 

高い殺菌作用を持ち、口コミや医療の場でも注目を集めているマヌカハニー。
雑誌やテレビなどで大きく話題に取り上げられたこともあり、一度は耳にしたことがある方も多いかともいます。

 

マヌカハニーの効能は広く、ピロリ菌を予防できたり、外傷にも効果があったり、風邪予防になったり……さらにはインフルエンザを予防できる、といった様々な情報が耳に入る中で、一度は試してみたい!と思っている方。

 

マヌカハニーとして売られている製品の中身はどれも同じではありません。

 

最近ではインターネット通販で買えたり、近くのスーパーで購入できたりと、マヌカハニーは私達の身近なものになってきました。
しかし、いざ手に取ってみると、良く分からない数字が書かれたマヌカハニーがあり、どれを買って良いのか分からず帰ってきてしまった、という声も聞かれます。

 

実は、この数字こそが、マヌカハニーの強さの秘密です。
これは、活性強度の強さを表しているもので、活性強度というのは、その名の通り活性度の強さを表しています。

 

この活性強度は数値で表すことができ、マヌカハニーを選ぶ時の基準となります。
一般的に活性強度の数値が大きいマヌカハニーは効果が強く、また生産量が少ない為、希少価値が高くなっています。

 

活性強度と「MGO」とは

 

それでは、活性度の強さの数値は、どのような基準でつけられているのでしょうか?

 

答えは、マヌカハニーに含まれている有効成分のメチルグリオキサール、通称「MGO」が、どのくらい含まれているか、です。

 

これは、ドイツの大学の研究グループが発見したもので、この「MGO」の含有量の数値が高いマヌカハニーほど、抗菌作用がより効果的であるということが証明されました。

 

例えば、「MGO100」よりも「MGO500」と書いてあるマヌカハニーのほうが、活性強度が高くなり、当然「MGO500」の方が、殺菌効果の高いマヌカハニーとなるのです。

 

安心して口にできるマヌカハニーを選ぶために

 

マヌカハニーを見ていると、「MGO」のほかに「UFM」という表示を見かけることがあるでしょう。

 

「UFM」とは、マヌカハニーを生産している業界で最も古い公式な数値です。
ニュージーランド政府の独立した審査機関である「UMFハニー協会」で審査が通り、ライセンスが与えられたマヌカハニーだけが「UFM」という表示を使用することができます。

 

「UFM」の表示のついた商品は、ニュージーランドの研究所で厳しく検査されて、なおかつ国際的に認められているマヌカハニーなのです。

 

「MGO」と「UFM」の違いは、「MGO」がどのくらい殺菌効果のある成分が含まれているかを表しているのに対し、「UFM」は殺菌効果や、その濃度を表しているといことです。

 

どちらも共通しているのは、数値が高いほど、効果が高いということです。

 

調べてみるとわかりますが、マヌカハニーは非常に多くのメーカーから販売されています。

 

そのため、「MGO」や「UFM」の他にもメーカーが独自の表示を使用している場合もあります。

 

メーカーによっては、含有量や効果がはっきりとしないものもありますので、マヌカハニーを選ぶ際には「MGO」や「UFM」の表示があるものを選ぶと良いでしょう。

マヌカハニー 生蜂蜜 ※最高品質のマヌカ蜂蜜<Tcn on the net>

マヌカハニーとは1980年代から、その高い殺菌作用により注目されている蜂蜜の一種です。
そのマヌカハニーにいち早く注目し、輸入だけではなく原産地のニュージーランドで直営の養蜂場を開設したのがTcn on the netの事業所です。
数あるプロポリスなどの蜂蜜関連の健康食品の中で、Tcn on the netのマヌカハニーは売り切れが続出し、一際高い人気を誇っているとの声も聞かれます。
広大な土地を所有しそこに直営養蜂場を運営、日本人のプロが生産を管理し、こだわりの商品を生産していますし、最高品質のマヌカハニーを取り扱っている事も特長です。

タイプ 最高活性強度 最高MGO
生蜂蜜 活性強度39+ MGO1100+
容量 価格 運営会社
500g 24,980円(税込) 株式会社TCN

ホーム RSS購読 サイトマップ