マヌカハニーはなぜ希少価値が高いのか?【マヌカハニーを徹底比較してみました】

マヌカハニーはなぜ希少価値が高いのか?

自然の中で作られるマヌカハニー

 

蜂蜜というと、多くの方が養蜂場で人工的に採取が行われている様子を想像するのではないでしょうか?

 

しかし、完全な天然生マヌカハニーは人工飼育ではなく、搾取に至るまでのすべての過程をミツバチへと任せています。

 

マヌカハニーの故郷はニュージーランド北島部、大自然の広がる人里離れた山岳地帯です。

 

125エーカーの土地には100万本ものマヌカの木が自生し、蜜蜂にとって素晴らしい生育環境となっています。

 

この広々とした自然の中で、マヌカハニーは生産されているのです。

 

限られた地域でしか採取ができません

 

マヌカの木の苗は、実は日本でも手に入れることが可能です。
ピンクや赤の花の可愛らしい花を咲かせますので、観賞用としても愛されています。

 

また、ニュージーランド全土を見回せば、至る所でマヌカの木や花を見つけることができますし、それらのマヌカの花からも蜜を搾取することができます。

 

しかし、それらは高い抗菌作用や有効成分(UMF)が含まれる天然の生マヌカハニーと比べると残念ながら品質が劣ります。

 

素晴らしい効能を秘めた、生のマヌカハニーや精油が採取できるのは、ニュージーランド北島部の限られた森林保護区域にある天然林に自生している1重の白色の花をつけた、そこにしかないマヌカの木のみだからです。

 

そのため、この地域で生産されたマヌカハニーは必然的に希少価値が高くなっています。

 

生マヌカハニーができるまで

 

それでは、この貴重な生マヌカハニーは大自然の中でどのように作られていくのでしょうか?

 

ミツバチたちは、まず巣箱へとマヌカの花蜜を運び込みます。
そして、巣箱の中にいるミツバチとの連携によって蜜の糖分濃度が高められていきます。

 

濃度が80%を超えたところで、さらにミツバチの持つ酵素類が加わります。
その後、糖類が分解され、マヌカハニーの完成となります。

 

一見単純そうですが、完全な生マヌカハニーを作る為には、この工程をミツバチの行動を細かく見守ることが必要となります。

 

自然に任せての養蜂ではありますが、ほったらかしで完成させることは難しいため、従来の蜂蜜に比べると、時間と手間をかけ完成しなくてはなりません。

 

ミツバチの働きと、それを陰ながらサポートする人の手によって、豊富な成分を含んだ、高活性度の天然生マヌカハニーができあがっていくのです。

 

大量生産や追加生産はできません

 

昨今、蜂蜜の成分に注目が集まりメディアでも広く取り上げられるようになりました。

 

需要が高まる中で、規模を拡大している養蜂場も増えているようです。
しかし、それに伴い自然飼育から人工飼育に変えざるを得なくなってしまっている生産者が多くいることも事実です。

 

安定した出荷を行うために、複数の蜂蜜をブレンドしたり、加熱を加えたりすることで、大量生産をしなければならないなど、品質にとってはとても良い環境とはいえません。

 

同じマヌカハニーの名がついていても、こうして蜂蜜が本来持っている効果が失われた状態で、天然の蜂蜜からは遠のいた製品が販売されているのです。

 

天然の蜂蜜と、そうでない蜂蜜の大きな違いは賞味期限にあります。
生マヌカハニーには防腐効果のある酵素類が多く含まれていますので、常温保存であっても賞味期限はありません。

 

その一方で、加工や加熱処理をした製品には、賞味期限が表示されていますから、購入の際の目安にすると良いでしょう。

 

天然の生マヌカハニーはブレンドや加熱は一切行なわない安全なオーガニック製品です。
だからこそ、大量生産や追加生産をすることが難しく、希少価値の高い商品なのです

マヌカハニー 生蜂蜜 ※最高品質のマヌカ蜂蜜<Tcn on the net>

マヌカハニーとは1980年代から、その高い殺菌作用により注目されている蜂蜜の一種です。
そのマヌカハニーにいち早く注目し、輸入だけではなく原産地のニュージーランドで直営の養蜂場を開設したのがTcn on the netの事業所です。
数あるプロポリスなどの蜂蜜関連の健康食品の中で、Tcn on the netのマヌカハニーは売り切れが続出し、一際高い人気を誇っているとの声も聞かれます。
広大な土地を所有しそこに直営養蜂場を運営、日本人のプロが生産を管理し、こだわりの商品を生産していますし、最高品質のマヌカハニーを取り扱っている事も特長です。

タイプ 最高活性強度 最高MGO
生蜂蜜 活性強度39+ MGO1100+
容量 価格 運営会社
500g 24,980円(税込) 株式会社TCN

ホーム RSS購読 サイトマップ