マヌカハニーの効果・効能【花粉症対策】

マヌカハニーの効果・効能【花粉症対策】

ニュージーランドだけに自生する花から採れる「奇跡の蜂蜜」、マヌカハニー。通常の蜂蜜には含まれない「MGO(メチルグリオキサール)」という成分は高い抗菌活性力を誇り、風邪ウイルスはもちろん、ピロリ菌などの病原菌の殺菌にも効果を発揮することで知られています。
今回は、そのマヌカハニーの持つ花粉症の予防・改善効果について探っていきます。

 

 

花粉症対策のカギは腸内環境

 

目や鼻、喉に症状が現れるため意外に思われるかもしれませんが、実は花粉症の原因は「腸」にあるのです。
花粉症の原因は免疫力の低下ですが、この免疫細胞の活動を司っているのが、腸内環境。
腸内の善玉菌が減り、悪玉菌が増えると免疫力が低下し、花粉症を引き起こすのです。近年「花粉症にはヨーグルト」と言われているのも、この論理によるもの。
マヌカハニーには、大腸菌や腸球菌、消化性潰瘍、化膿レンサ球菌、黄色ブドウ球菌など、あらゆる腸内の悪玉菌の殺菌作用があると発表されています。
逆に、腸内の善玉菌である乳酸菌などの活動は活発化させると言われており、胃腸環境全体を最適な環境に整えてくれる効果がマヌカハニーにはあるのです。

 

もちろん、腸内環境が良くなれば便秘や下痢の解消、便質の改善、肌荒れ解消にもつながり良いことづくめ。
ヨーグルトにマヌカハニーを混ぜて食べれば、さらなる効果アップが期待できます。

 

基本の服用

 

基本的な摂取のしかたは、1日3〜4回、1回あたり5ml〜15mlをそのまま舐めるように食べること。おすすめのタイミングは食前と就寝前です。有効成分のMGOは空腹時であれば体内に浸透しやすく、就寝前に服用すれば寝ている間に腸の中で活発に働いてくれるからです。

 

花粉症には直接塗布も

 

服用による効果だけでなく、患部に直接塗布すれば殺菌・炎症沈静効果があるマヌカハニー。花粉症による鼻づまりや鼻水で困っているときには、マヌカハニーを乗せた綿棒を鼻の穴にまんべんなく塗ってみましょう。鼻の粘膜の炎症を静め、保湿しながら花粉の侵入も防いでくれるため、すぐに効果が実感できるはずです。
さらに寝る前に鼻孔や喉にマヌカハニーを行きわたらせておけば、朝起きたときの辛い「イガイガ感」も予防できます。

 

相性の良いハーブと共に

 

キャラメルのような味に花のような香りをもったマヌカハニーは、ハーブティとの相性も抜群です。花粉症に効果のあるとされるカモミールやミントのハーブティにマヌカハニーを混ぜれば、相乗効果と共に芳醇な味わいと香りも楽しめます。

 

マヌカハニーを継続して摂取することで、花粉症にかかりにくい身体へと体質を変えていくことができそうです。そしてもしも発症してしまっても、上記のような対策をとれば、症状は確実に改善してくれるでしょう。

マヌカハニー 生蜂蜜 ※最高品質のマヌカ蜂蜜<Tcn on the net>

マヌカハニーとは1980年代から、その高い殺菌作用により注目されている蜂蜜の一種です。
そのマヌカハニーにいち早く注目し、輸入だけではなく原産地のニュージーランドで直営の養蜂場を開設したのがTcn on the netの事業所です。
数あるプロポリスなどの蜂蜜関連の健康食品の中で、Tcn on the netのマヌカハニーは売り切れが続出し、一際高い人気を誇っているとの声も聞かれます。
広大な土地を所有しそこに直営養蜂場を運営、日本人のプロが生産を管理し、こだわりの商品を生産していますし、最高品質のマヌカハニーを取り扱っている事も特長です。

タイプ 最高活性強度 最高MGO
生蜂蜜 活性強度39+ MGO1100+
容量 価格 運営会社
500g 24,980円(税込) 株式会社TCN

ホーム RSS購読 サイトマップ