マヌカハニーの効果・効能【コレステロール値低下】

マヌカハニーの効果・効能【コレステロール値低下】

ニュージーランドだけに自生するフトモモ科の花から採取される「奇跡の蜂蜜」、マヌカハニー。通常の蜂蜜に比べ圧倒的に高い抗菌活性力を持った貴重な蜂蜜です。独自の成分「MGO(メチルグリオキサール)」が様々な病原菌と闘ってくれると、各団体から様々な研究発表も出ています。
そのマヌカハニーには、血中のコレステロール値を下げる効果があることもわかってきました。今回はその仕組みや効果について探ってみます。

 

 

食生活の乱れをカバー。血液サラサラに

 

高脂血症や動脈硬化を引き起こす悪玉コレステロール値の上昇。この主な原因は、食生活の乱れと言われています。
現代の「欧米型食生活」の中には悪玉コレステロールを増やす動物性油脂がふんだんに含まれ、体内環境も酸性に傾きがち。体内バランスの乱れは、悪玉時コレステロール値の上昇につながります。
マヌカハニーもそのままでは酸性ですが、体内に摂り込むとアルカリ性に変わるという性質を持っています。
体内環境のバランスを整え、消化器官にかかる負担を減らすことで血液をサラサラに保ち、コレステロール値も下げてくれるというのです。

 

デトックス効果も

 

米国ピッツバーグ大学、メディカルセンターの研究でも、蜂蜜にはコレステロール値を低下させる機能があると発表されています。
これは蜂蜜に多く含まれるカリウムが体内の余分な塩分を排出し、血圧や血中コレステロール値を安定させるからなのだとか。さらにカリウムには体内の余分な水分を排出するむくみ防止効果も。
デトックス効果を高めるカリウムは、調理等によりその機能が失われやすいと言われています。
マヌカハニーの有効成分MGOは、加熱してもその機能が失われないため、カリウム補給にも効果的と考えられています。

 

食前に摂れば効果アップ

 

マヌカハニーの基本的な用法・用量は、1日3〜4回、1回あたり5ml〜15mlをそのまま食べること。中でもおすすめのタイミングは食前です。
空腹時の吸収の良い状態では成分が体内に浸透しやすく、その後の食事の消化も良くなるからです。そして適度な甘味のあるマヌカハニーを食前に摂ることでは血糖値の上昇を穏やかにし、その後のコレステロール値の上昇も抑えてくれるのです。
キャラメルのような食感と味なので、ダイエット中など甘いものが食べたくなったときにも頼りになります。
加熱しても成分が変わらないという性質を活かし、味が苦手な方は料理に使っても良いでしょう。煮込み料理に砂糖の代わりとして使えば、味わい深いコクが出ます。

 

天然の食材であるマヌカハニー。効果を最大限に引き出すには、毎日継続して摂り続けることが大切です。長期的に摂取することで、着実な体質改善につながります。

マヌカハニー 生蜂蜜 ※最高品質のマヌカ蜂蜜<Tcn on the net>

マヌカハニーとは1980年代から、その高い殺菌作用により注目されている蜂蜜の一種です。
そのマヌカハニーにいち早く注目し、輸入だけではなく原産地のニュージーランドで直営の養蜂場を開設したのがTcn on the netの事業所です。
数あるプロポリスなどの蜂蜜関連の健康食品の中で、Tcn on the netのマヌカハニーは売り切れが続出し、一際高い人気を誇っているとの声も聞かれます。
広大な土地を所有しそこに直営養蜂場を運営、日本人のプロが生産を管理し、こだわりの商品を生産していますし、最高品質のマヌカハニーを取り扱っている事も特長です。

タイプ 最高活性強度 最高MGO
生蜂蜜 活性強度39+ MGO1100+
容量 価格 運営会社
500g 24,980円(税込) 株式会社TCN

ホーム RSS購読 サイトマップ