マヌカハニーの効果・効能【虫歯・口内炎・歯周病改善】

マヌカハニーの効果・効能【虫歯・口内炎・歯周病改善】

ニュージーランドだけに自生する花の蜜から採取されたマヌカハニーは、その貴重さと高い抗菌活性力から「奇跡の蜂蜜」と言われています。近年では風邪や胃腸疾患の改善効果も報告され、注目は集まるばかりです。
実はこのマヌカハニー、虫歯や口内炎、歯周病といった口内トラブルも改善・予防することが知られています。
「ハニー」というからには甘くて歯に悪いのでは?と思われがちなのですが、実は強力な口内環境改善効果があるのです。
今回はそんなマヌカハニーのオーラルケアについて探ってみましょう。

 

 

「甘いものは虫歯になる」は誤解

 

「甘いものは虫歯になる」と聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。実はこの現象は、蜂蜜ではなく白砂糖によるものです。白砂糖に含まれる化学成分「スクロース」が口内に虫歯の活性を促す成分を生み出してしまうのです。
マヌカハニーには虫歯の原因になりやすい糖分は入っておらず、こうした虫歯関連の話とは無関係と言えます。

 

口腔内の原因菌を殺菌

 

マヌカハニー特有の成分「メチルグリオキサール」は、通常の蜂蜜に見られないほどの高い殺菌成分として医療界からも注目されています。口腔内についても「蜂蜜研究の世界的権威」ピーター・モラン博士がその効果を実証しており、マヌカハニーは「ミュータンス菌」などの虫歯菌を抑制し、虫歯菌の好む歯垢そのものや歯肉炎までも減少させると発表しています。もちろん歯周病や口内炎の原因菌についても同様で、さらに炎症の痛みを和らげる作用も。マヌカハニーは口内トラブル全般に効能を発揮するのです。また日常では、雑菌の繁殖を抑えるため口臭予防にも活用できます。

 

虫歯のできにくい環境に整える

 

そもそも虫歯のできやすい口内環境とは、酸性であることです。私達は何も意識せずにいると酸性の食品を摂る機会が圧倒的に多いと言われており、おのずと口内環境も酸性に傾きがち。マヌカハニーは口腔内に入れるとアルカリ性に変わるという性質を持っているため、日常的な活用により口の中をアルカリ性に保ってくれます。

 

マヌカハニーの効果的な使い方

 

オーラルケアを目的とする場合、約5mlのマヌカハニーを綿棒などで口腔内にまんべんなく塗布して1分ほど放置、その後水で軽く口をすすぎます。この後は、30分間ほど飲食を控えましょう。これを1日2回のペースで続けることで、1ヶ月後には明らかな虫歯抑制効果が見られたという論文も発表されています。

 

もっと手軽にマヌカハニーを取り入れたいという方は、マヌカハニー入りの歯磨き粉やマウスウォッシュなどを使ってみては。また、口臭予防にはキャンディ型のマヌカハニーも発売されています。
ネット通販等で販売されていますので、使いやすいものを毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

マヌカハニー 生蜂蜜 ※最高品質のマヌカ蜂蜜<Tcn on the net>

マヌカハニーとは1980年代から、その高い殺菌作用により注目されている蜂蜜の一種です。
そのマヌカハニーにいち早く注目し、輸入だけではなく原産地のニュージーランドで直営の養蜂場を開設したのがTcn on the netの事業所です。
数あるプロポリスなどの蜂蜜関連の健康食品の中で、Tcn on the netのマヌカハニーは売り切れが続出し、一際高い人気を誇っているとの声も聞かれます。
広大な土地を所有しそこに直営養蜂場を運営、日本人のプロが生産を管理し、こだわりの商品を生産していますし、最高品質のマヌカハニーを取り扱っている事も特長です。

タイプ 最高活性強度 最高MGO
生蜂蜜 活性強度39+ MGO1100+
容量 価格 運営会社
500g 24,980円(税込) 株式会社TCN

ホーム RSS購読 サイトマップ