マヌカハニーの副作用【マヌカハニーを徹底比較してみました】

マヌカハニーの副作用

マヌカハニーはニュージーランドでは漢方のように、自然薬として根付いており、安全性が高いものとして知られています。
日本でもマヌカハニーの人気は高まっており、胃腸の悪玉菌を撃退する強い殺菌力を持つものとして重宝されるようになっています。
やけどやニキビなどの外傷や虫歯にも良いと言われていますが、本当に良い面ばかりなのでしょうか。
効果が強いものなら副作用がないのかどうかも気になりますよね。
しかも赤ちゃんや妊婦さんでも使うことができるのでしょうか。

マヌカハニーによる副作用は?

マヌカハニーに含まれている抗菌物質、メチルグリオキサールは非常に高い抗菌作用がありますが、それは抗生物質とは全く違う抗菌物質によるものですので、抗生物質にありがちな眠気や胃のただれなどの副作用はありません。
※但し、1歳にならない乳幼児はマヌカハニーに関わらず、蜂蜜の接種は菌への免疫がないためおやめ下さい。

 

抗生物質は時に、胃の善玉菌を攻撃してしまい、腸内環境を悪化させてしまうことがありますが、マヌカハニーは天然成分ですので、高い効果を発揮しながらも、腸内環境を良好に保ちます。

 

もちろん薬効成分が強いですから、口に入れた時に、少し舌がびりびりとしびれるような感覚があるかもしれませんが、心配する必要はありません。
もし、味や香りがどうしても気になるのであれば、サプリメントタイプも販売されているので、それを試してみることもできるでしょう。
原産地のニュージーランドでは何年もマヌカハニーについての研究がなされてきていますが、服用することのデメリットなどは報告されていません。
安心して摂取できるのはうれしいことですね。

それでも注意したいポイント

しかし、もちろんマヌカハニーの摂取には注意すべき点があります。
それは1歳未満の赤ちゃんには食べさせられないということです。
はちみつにはボツリヌス菌という毒性のある菌が少量ですが含まれている可能性があります。
それで、まだまだ消化器官が未熟な赤ちゃんがはちみつを摂取してしまうと、この菌が含まれていた場合、撃退することができずに、ボツリヌス症を引き起こしてしまいます。
これは重篤になりやすく、命の危険もあります。
十分注意しなくてはなりません。
しかし、一歳を過ぎたなら、もう免疫力が高くなっているので大丈夫です。
保育園に行き始めると集団生活が始まり風邪もひきやすくなるので、ぜひ、マヌカハニーで風邪を予防してあげましょう。

 

一方で、妊婦さんの場合はマヌカハニーを食べても問題はありません。
妊婦さんはもう当然のことながら大人であり、ボツリヌス菌を撃退するだけの十分な免疫力を備えているからです。
むしろ、妊娠中や授乳中は風邪予防のために摂取をしたり、風邪をひいても薬が飲めないのでマヌカハニーで風邪菌を殺菌したりすることができるでしょう。
授乳中や産後の栄養補給にマヌカハニーが役立ちそうですね。

 

副作用もなく、妊婦さんにも効果のあるマヌカハニーはカロリーも低いので、女性の強い味方になりますね。

マヌカハニー 生蜂蜜 ※最高品質のマヌカ蜂蜜<Tcn on the net>

マヌカハニーとは1980年代から、その高い殺菌作用により注目されている蜂蜜の一種です。
そのマヌカハニーにいち早く注目し、輸入だけではなく原産地のニュージーランドで直営の養蜂場を開設したのがTcn on the netの事業所です。
数あるプロポリスなどの蜂蜜関連の健康食品の中で、Tcn on the netのマヌカハニーは売り切れが続出し、一際高い人気を誇っているとの声も聞かれます。
広大な土地を所有しそこに直営養蜂場を運営、日本人のプロが生産を管理し、こだわりの商品を生産していますし、最高品質のマヌカハニーを取り扱っている事も特長です。

タイプ 最高活性強度 最高MGO
生蜂蜜 活性強度39+ MGO1100+
容量 価格 運営会社
500g 24,980円(税込) 株式会社TCN

ホーム RSS購読 サイトマップ