マヌカハニーの選び方【マヌカハニーを徹底比較してみました】

マヌカハニーの選び方

話題のマヌカハニーを選ぶときに気を付けたいポイントがあります。
それは、安いから品質が悪い、高いから品質が良いという訳ではないということです。
それぞれの用途や服用方法に合ったものを選ぶことがとても大切です。
自分のニーズに合っているのであれば、あえて高額なマヌカハニーを買う必要はないのです。
では、どのように選んだらよいのでしょうか。
まず、マヌカハニーの品質を見極めるのに役立つ一般的な基準について知っておきましょう。

マヌカハニーの実力はUMF値とMGO値で分かる

マヌカハニーは1990年代の後半にその殺菌力の高さが注目され、多くの製品が販売され大人気となりました。
しかし、当時はマヌカハニーにしか含まれていない、殺菌成分のメチルグリオキサールがどれほど含まれているかを示す基準が存在していませんでした。
この成分が多く含まれていれば、殺菌力は高くなりますし、少なければ効果はあまり期待できません。
それで、粗悪な品質の商品を消費者がきちんと見分けられるように、マヌカハニーの殺菌作用を数値化する試みが行われました。

 

その数値基準がUMFというものです。
これは、マヌカハニーの殺菌力を消毒薬のフェノール水溶液の殺菌力と比較して、数値化するというものです。
例えば、UMF10+のマヌカハニーはフェノール水溶液10パーセントと同等の殺菌作用を持つということを表すようにしているのです。
さらに、今では、この規格以外にも、メチルグリオキサール自体の含有量を図るようになり、MGO値として表記するものもあります。
ですから、マヌカハニーを選ぶ際はこのUMF値とMGO値に注目するとよいでしょう。

ニーズに合ったマヌカハニーの選び方

一般的には、マヌカハニーに期待される効能、例えば、ピロリ菌や大腸菌などを殺菌したり、感染症への免疫力を向上させたりするのに効果があるのは、UMF値10+、もしくわMGO値100+以上と言われています。
しかし、この数値が高ければ高いほど、収穫をするのが難しくなり、値段も高くなっていくのです。
では、自分に合ったどんなマヌカハニーを選んだらよいのでしょうか。
マヌカハニーは少しクセがありますので、慣れないうちにいきなり高濃度のUMF15+や20+を選ぶと、食べにくく感じるかもしれません。
一般的な値のUMF10+くらいから始めるとよいでしょう。

 

しかし、胃腸の調子をすぐに整えたかったり、口内炎などをすぐに治療したかったりするときは15+位なら、確実な効果を期待できます。
最近では、服用しやすいように粒タイプのマヌカハニーも販売されています。
また、コーヒーなどに入れやすい普通のはちみつタイプもありますし、パンなどに塗って食べやすいクリームタイプのものもあります。

 

まず自分のニーズを考えたり、どんなタイプなら続けられそうかを考えたりして、最適なマヌカハニーを選んでください。

マヌカハニー 生蜂蜜 ※最高品質のマヌカ蜂蜜<Tcn on the net>

マヌカハニーとは1980年代から、その高い殺菌作用により注目されている蜂蜜の一種です。
そのマヌカハニーにいち早く注目し、輸入だけではなく原産地のニュージーランドで直営の養蜂場を開設したのがTcn on the netの事業所です。
数あるプロポリスなどの蜂蜜関連の健康食品の中で、Tcn on the netのマヌカハニーは売り切れが続出し、一際高い人気を誇っているとの声も聞かれます。
広大な土地を所有しそこに直営養蜂場を運営、日本人のプロが生産を管理し、こだわりの商品を生産していますし、最高品質のマヌカハニーを取り扱っている事も特長です。

タイプ 最高活性強度 最高MGO
生蜂蜜 活性強度39+ MGO1100+
容量 価格 運営会社
500g 24,980円(税込) 株式会社TCN

ホーム RSS購読 サイトマップ